齋藤志乃 さいとうしの

ブログ内検索

  • 知りたい単語を入力してね。



    WWW を検索

    このブログ内 を検索


    「このブログ内を検索」を選択したまま、 探したいキーワードを入力してください。 関連のある過去の記事が表示されます。
    このブログが、あたなたのローフード生活を楽しくするのに役立ちますように♪
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

【このブログの記事】

  • 2015年

カテゴリー「低温スチーム調理」の記事

2011年7月24日 (日)

ヘルシオにディハイドレート機能が搭載されるのはもうすぐ?!炊飯器で【低温スチーム】を実験してみました。

生で食べるにはちょっとツライ野菜を、蒸してたべたりしていましたが、

そんな時に、「低温スチーム」「低温蒸し」なる調理法を発見。

低温の水蒸気で野菜や果物を蒸して食べるのだそうです。

より低温で調理した方が栄養素が壊れないという事から、注目されている様子。

低温と言っても65度から70度の温度。

48度以上の熱が加わるので、ローではなくなってしまいますが、

生で食べるのに飽きた時にはいいのでは?と思い興味津々。


低温調理については、、詳しくはこちらのサイトに書かれています。(低温蒸しレシピ

ためしてガッテンでも紹介された事があるらしく、じわじわ浸透して来ているようです。

最新型のヘルシオにも、低温蒸しモード(ソフト蒸し)機能が付いているんだって!!

70度の低温調理ができる圧力鍋というものまであるらしい。。

さて、具体的には低温スチームをどうやってやるかと言うと、、、ふつうに蒸し器で蒸すんです。

でも、一つだけコツがあって、蒸し器のフタのしたに割り箸を入れて隙間をつくり蒸気をある程度にがしながら蒸すとおよそ70度くらいになるそうです。

しかし、この方法だと常に温度計でチェックしながら温度を保つ必要があるそう。



そんなの面倒くさい〜!

うちにあるもので、60度〜70度くらいの低温を保てるもの???

イエス!炊飯器!

炊飯器の保温はだいたい65度から70度だそうなので、これでもいけんるんじゃありません??


早速実験。


炊飯器に、

Teionntyouri1

水と、台になるような小皿を入れて蒸し器になるような状態にする。

Teionntyouri2_2

そこへ、ちょうど良い大きさのお皿に切った生野菜を並べて、

Teionntyouri3_2

保温モードで1時間蒸してみました。

Teionntyouri4_2

出来上がりはこんな感じ。見た目はぜんぜん変化無しです。
Teionntyouri5_2


味は、野菜の歯ごたえがさらにシャキシャキ!となって、甘みが増した感じになりました。

キャベツ、コーン、パプリカは生でも美味しく食べられるのであまり低温スチームの良さが解りませんでした。(生で食べなれているからねぇ)

しかし、玉ねぎについては、威力を発揮!

生の玉葱をがぶりとかじると、辛すぎてギブアップですが、低温スチームで蒸した玉ねぎは甘くてしゃりしゃりとしていて、新しい食感。

これは、面白いと思います。

完全に生で食べにくいものは、低温スチームするのはいけるとおもいます。

食材別の最適な低温スチームの温度がこちらに→。(野菜別の温度




参考サイト:
低温蒸しレシピ


参考図書:


「低温スチーミング入門」タカコ・ナカムラ著/平山一政監修   





生で食べる事に抵抗がないローな人と、生で食べなれていないロー初挑戦な人との歩み寄り地点として、低温スチームというのが一つの着地点となりそうな感じがします。

酵素の事をいいだすと、65度〜70度の低温スチームでは温度が高すぎますが、

オーブンで焼いたり、油で揚げたり、火であぶったりするよりも断然に栄養素の破壊が少ないし、

この前書いた「抗糖化」という視点からもより低温で調理するのは健康的だと言えると思うんです。
(加熱温度が高い揚げ物やオーブン料理だと高温調理で食品中のたんぱく質と糖がAGEs(糖化最終生成物)に変わる。)

健康を意識した家庭用オーブンレンジである「ヘルシオ」などにまで、「低温で調理する」という概念が組み込まれて来ているということに喜びを感じます。

メーカーによって様々ですが、オーブンレンジは、300度のオーブン調理から35度の蒸し調理までカバーできるようになって来ているみたいですよね。

もう一息がんばって、来年あたりには、「ドライフルーツや干し野菜が出来る!」とのキャッチコピーでディハイドレート機能が付いたオーブンレンジが発売されるかもしれない??と一人ほくそ笑んでいるのでした。。。。


加熱温度が低い方が健康にいいというトレンドが浸透した結果、「低温蒸し」がためしてガッテンで紹介されるのなら、「50℃洗い」も紹介されたり、あともう少し温度を下げていってローフードが紹介される日も近いのか?!など考えてしまいました。





低温蒸し専用の蒸し器。






今日もありがとうございます。



にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

フォト

FACEBOOK

  • 「いいね!」をお願いします♡

    齋藤志乃

    Facebookページも宣伝

    ツイッター↓

アイハーブで買ったもののまとめ

  • クーポンコードはKAW730です。
    http://healthylivinghappylife.jimdo.com
    Image

アイハーブ iherb

  • ローフードの食材やオーガニックの食材が安く買えるサイトです。

【出版物】

おすすめのキッチン道具

  • ブレンダー/ミキサー



    ジューサー



    フードプロセッサー



    ディハイドレーター(食品乾燥器)



    ヨーグルトメーカー



    菜麺器



    ナッツミルクバッッグ



    小さめのブレンダー(旅行用)



    オーブントースター(パンの発酵機能付き)



    いきいきペール(発酵促進バケツ)味噌作りに!!



    発芽玄米(&酵素玄米)が炊ける炊飯器



楽天市場

  • ☆お買い物情報☆

おねがい。

  • 文章・画像転用禁止について(著作権について)
    1. 当ブログが提供する文章、画像、音声、映像、プログラムなどの著作権は、特段の定めがない限り、原著作者その他の権利者に帰属しており、各国の著作権法、各種条約およびその他の法律で保護されています。
    2. 原著作者の許諾なく複製、公衆送信、改変、切除、ウェブサイトへの転載等する行為は著作権法により禁止されています。
    3. 非営利的かつ個人的な目的以外でこれらを使用・複製・ダウンロードするためには、事前に原著作者から書面による許諾を受ける必要があります。ただし、非営利的かつ個人的な目的に限り、当ブログの著作権表示を付記することを条件にこれらを使用・複製・ダウンロードすることが出来ます。

免責事項

  • ローフードダイエット(食事法)を始められるにあたって。
    本ブログに書かれている事を実行して起こった結果、特に不快な好転反応が起きた場合など、著者は責任を取る事が出来ません。本ブログは医学的アドバイスを目的としたものではありません。本ブログに書かれた食事レシピ及びプログラムは、ご自身に合っていると思われる事を、ご自身の判断で採用してください。
    当ブログ管理者の免責は上記に準じます。ご自身のローフード生活の方法を発見してくださる事を願っております。(ブログ著者)
無料ブログはココログ