齋藤志乃 さいとうしの

ブログ内検索

  • 知りたい単語を入力してね。



    WWW を検索

    このブログ内 を検索


    「このブログ内を検索」を選択したまま、 探したいキーワードを入力してください。 関連のある過去の記事が表示されます。
    このブログが、あたなたのローフード生活を楽しくするのに役立ちますように♪
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【このブログの記事】

  • 2015年

カテゴリー「09:ローフードでダイエット」の記事

2012年7月16日 (月)

うちの蕎麦+主人のダイエット中間報告

じゃーん。

Sobasalad


パパ用、ママ用、奥の少なめのが息子用。

蕎麦というよりサラダ??

しかも盛りつけが汚くてごめんなさい。いつも家族の食事はこんな感じで適当です(汗)


ローを始める前は、蕎麦+天ぷらが定番でしたが、今では蕎麦+生野菜。

あと、頂き物の「宇部かまぼこ」(卵不使用!!うれしい。)を少し食べました。
(もちろん、ローじゃないものも食べますですよ。)



ダイエットを始めた主人は、このお蕎麦をみて「お〜いしそー♡」と一言。

嫌みではなく、本音ですよ!

うれしいですね。

だんだん、お野菜のおいしさがわかって来たとの事で、「スムージー下さい。」とか「野菜たっぷりにして。」とリクエストしてくれるようになって来ました。

スムージーは、バナナを入れないとなかなかおいしいと言ってくれませんが。。。


それにしても、もう5キロ減量したそうです。

もちろん食事に気をつけるだけでなく、毎日ジョギングしたり運動も続けています。

男性の場合は特にダイエットで筋肉が落ちると悲しいですからね。


関連記事:
ローフードダイエット中
グリーンスムージーダイエット



このように効き目が見えるグリーンスムージーダイエットですが、気をつけている事が一つ。

主人はよくお酒を飲むので、飲んだ次の日は塩抜きになっている事が多いので、スムージーよりもお味噌汁の方がいいみたいです。(つまみを食べずにビールばかり飲むもんで、脱水&塩抜きになる。)

だから朝から、

「今日はナトリウム?カリウム?」

「ナトリウムで。」

「了解!」

って感じですね。


ナトリウム=お味噌汁

カリウム=グリーンスムージー

です。


ははは。変なやり取り。


どうもスムージーの気分じゃない時まで無理して飲むのは身体の声を無視してますので気をつけないと行けません。









今後ともどうぞよろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Photo_5
iHerbへ


2011年2月 7日 (月)

何故痩せなければならなかったか?私の場合。

ダイエットを開始するにあたり、本当の本当に痩せる必要があるのか?ということは大事なポイントだと思います。

私は人生で3回程ダイエットに本気で取り組んだ経験があります。



1回目、大学生の頃。

留学先から戻った私を見て同級生がぶっとんだ時。

たったの1ヶ月間の留学でびっくりするほど増えたのでした。
(ニュージーランドでアイスクリームを毎日食べまくった!)

このときは夕飯を食べないという方法で戻しました。



2回目、二十代後半。

仕事の忙しさのストレスと暴飲暴食、不規則な生活により徐々に体重が。。。

大学生までは痩せ形キャラだったはずなのに、いつのまにかぽっちゃりキャラとして定着していたことに気がつき驚愕!

好きな人(今の主人)に気に入ってもらう為にダイエット。

スポーツジムに週3回〜4回通い、6キロ減。



3回目、三十代中盤。

産後太りで、私にとっての大台といえる体重を越えたあたりで不安に。

数々の体調不良も出て来て、こりゃあいかん!と一念発起。

レコーディングダイエットから入って、ローフードダイエットに移行。



さて、なぜ私のダイエット歴を書かせてもらったかと言うと、

毎回、自分の適正体重よりも明らかに増えた時点でダイエットを決行したという事を伝えたかったからです。

人によってそれぞれ自分が絶好調でいられる体重というのがあると思うんです。

現状がそうでない場合のみ、ダイエットをする必要があると思います。

私がダイエットについての記事を書く時は、「より痩せている方がいい」と言う考えから書いているのではありません。

「自分のベスト体重」に戻すという行為をダイエットと呼んでいます。








↓応援よろしくお願いします。↓


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村


ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

ご覧いただき、ありがとうございました!!

ローフードでダイエットを成功させるコツ。

さあ!ローフードでダイエットを始めよう!と思ったときに、

今までと同じようなご飯を食べる前に、大盛りのサラダを食べてみるというところから始めるのものいいし、

朝ご飯をフルーツ搾り立ての果物のジュースだけに変えてみるのもいいですよね。

いろいろ方法はあると思いますが、、、

やっぱり一番大切なのは「楽しむこと!」だと思います。

「理論ばかりにこだわらず、自分のペースで楽しく取り入れる。」

これが大事。

私がローフードを取り入れたばかりの頃は「何故?」とか「理由は?」などが気になりすぎて知識ばかり増えていく割に実践できていないという部分がありました。

グリーンスムージーがなぜ体にいいのか?

朝食をとらない、もしくは果物だけにすると何故痩せるのか?

疑問はいろいろあったとしても、

理由を追及して頭でっかちになるよりは、まずは実行!

スムージーの味を楽しんで、果物のみずみずしさを楽しんで、

そうしているうちに実生活にローフードがなじんで来て、、、

気がついたら痩せていた!って感じになるようです。

振り返ってみると、もう夢中であれもこれもという感じでローフードを試すようになったころ、

するすると痩せていました。



「楽しい」と思える事だけ実践する事がポイントだと思います。

ローフードでダイエットをしたい場合のよくある失敗は、

スムージーや山盛りサラダなどのローフードを食べたあと数時間後にすぐにお腹がすいてしまい、

手っ取り早くお腹がいっぱいになるものをどか食いしてしまう。というものです。

これは私の失敗例です。

ローフード→普通のこってり食→結果として食べ過ぎ。

お腹がすいたらもう一皿サラダを食べたり、果物やスムージーに手を伸ばすようになったころ、

この悪循環から抜け出せました。





もうひとつの失敗例は、朝と昼にがんばりすぎて夜にどか食いしてしまう例。

例えば、

「朝は果物だけ!昼はサラダとスムージーだけ!お!今日は結構いけてる〜。私。」

そして、夜の八時頃、、、、「お腹がすいて倒れそう!何でもいいから食べさせて〜!」

となって、コンビニへ。。。。結局食べ過ぎる。。。

これも最初の頃何回も経験しました。



朝、昼、我慢して夜に爆発。この繰り返しは辛いですね。

ローフードでダイエットをするという事は、断食とは違います。

野菜、果物、ナッツなどを楽しんで食べて、それだけでお腹が一杯になってくれるのが理想。

でも、それだけじゃ足りないときもあるので、玄米や全粒粉のパンなど他のものを食べてもOK。

食べたい気持ちを我慢するダイエット方法ではないという事に気がついてから、

楽になりました。

DIET(ダイエット)とは痩せるという意味もありますが、本来は「食事法」という意味ですよね。

「痩せる」事を目的とするよりも、「ローフードという食事法を身につける」ことを目的としている方が近道のようです。


また、高いロー率ばかりにこだわらずゆったり構える事が大切だと思います。

もし、ローフードを実践する事を「楽しい!」と感じていなければ、

ちょっと立ち止まって自分が楽しいと感じられる方法ってなんだろうと自分の内側に聞いてみるのもいいかもしれません。


追記:
この自分の「内側に聞いてみる」という行為。なかなか本当の答えが返って来ない場合がありますよね。本当の答えがすぐみつかる簡単な方法(私の場合は)についてはまた今度書きます。
(追記2:身体の声を聞く方法のコツを書きました。→コチラ。








↓応援よろしくお願いします。↓


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村


ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

ご覧いただき、ありがとうございました!!

2011年2月 2日 (水)

ローフードダイエット開始からもうすぐ一年!どれくらい実践できているかのチェック項目リスト。始めたばかりの方にも有効です。

2010年1月24日からレコーディングダイエットを始めました。

参考にした本に、他のダイエット法と組み合わせると効果が大!と書かれていたので、

取り入れた方法が「ローフード」でした。

今となってはダイエットという意識はむしろなく、食習慣そのものと感じる程に定着。

手帳を見ると2月22日から実践開始した模様です。





下は「うまく取り入れられているかどうかチェック項目リスト」。

時々振り返って、「できてるできてる!」とか「いかんいかん!これとこれだけは守らねば。」などやってみると面白いです。

このリストは、アンディーさんの最後のレッスンで頂きました。





→昼食前までは果物か果物の生絞りジュースのみしか摂らない。

→生野菜サラダを昼食や夕食のときにもたっぷり食べる。

→おやつには、フルーツやドライフルーツ、ナッツなどを食べる。

→就寝の3〜4時間前には食事を済ませる。

→1時くらいまでには寝て、6時くらいまでには起きる。

→テレビを見ない。読書か、ビデオか、ネットで映画を見るのはOK。(テレビはコマーシャルがあるかららしい。)

→1週間に2、3回は運動する。

→朝晩ベットの中で背伸びをする。

→一日2、3回、目を閉じて10分間の瞑想をする。

→日光に当たる。

→新しいレストランに行って、卵、乳製品、肉など抜きで作ってもらえるように頼む。

→ランチやディナーにヴィーガンレストランやローフードレストランに行ってみる。

→換気のいい涼しいところで寝る。

→野菜をメインディッシュとして、その他をサイドディッシュとして食べる。

→うちではヴィーガンやローフードを食べる。その他のものを食べるときには外食で。

→健康を意識している友人を作る。〜ローフード関連のサークルやクラスに入ってみる。

→乳製品たっぷりのデザートの代わりにヴィーガンデザートやローデザートを選ぶ。

→牛乳を豆乳かライスミルクに替える。

→肉の代わりに豆腐を食べる。

→普通のチーズの代わりにナッツチーズを食べる。

→大豆製品を試す。豆乳マヨネーズ、ソイバーガー、フェイクミート、豆腐チーズなど。

→ビールやカクテルの代わりにワインを飲む。




振り返ってみると、もちろん脱線するときもありますが、

寝たり起きたりのリズムと運動意外は結構守れているかな〜。

(このチェックリストは豆腐製品なども取り入れられていますでのロー率90%以上のバリバリローというようりも、私のような50〜70%くらいのゆるローな方向けです。)



みなさまはどうでしたでしょうか?

まだ始めたばかりの方は項目をひとつひとつクリアして行くのも面白そうですね。


(左サイドカラムにある「カテゴリー」の「このブログの目次」をみるとこの一年間書いて来た記事のリンクがあります。

また、右カラムにある「ローフードの事もっと知りたい?」という項目でこのブログ内の検索をする事も出来ます。知りたい単語を入力するといろいろな関連記事を見る事が出来ます。

チェック項目に挙がっている理由など探してみてください♪

ダイエット&ローフードに関して自分なりに習得した事柄に着いての記録を綴ってきました。

これから始められる方にとって、ご参考になれば幸いです。)




関連記事:
ローフードを初めて良かった事。箇条書き。








↓応援よろしくお願いします。↓


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村


ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

ご覧いただき、ありがとうございました!!

2010年12月19日 (日)

ローフードを初めて良かった事。箇条書き。

2010年の2月からローフードを取り入れ始めて、もうすぐ一年が経とうとしています。

このブログにも詳しく記録してきましたが、まとめを書いてみます。



<ローフードを実践して良かった事。>

15キロ痩せた。(半年くらいで。)

小食になった。(以前は二人前食べていた。ご飯2膳はあたりまえだったのに。)

甘いものをあまり欲しがらなくなった。(以前はチョコレートを毎日一箱or一枚食べていた。)

アルコールをそんなに呑みたくなくなった。

激辛料理など刺激の多いものを欲しなくなった。

体が軽くなり活動的になった。

疲れにくくなった。

ぐっすりと眠れるようになった。

肌トラブルがなくなった。(ニキビやかさかさ肌など。)

気になっていた頭皮の臭いが無くなった。脂っぽさも。

喘息の発作が出なくなった。

体調が良いのでイライラしなくなった。

料理に費やす時間が減った。

肉、魚、乳製品、卵など動物性食品や、加工食品をまったく買わなくなったので、
その分食費が安くなった。

ガス代が安くなった。

果物のおいしさを知った。

サラダが上手に作れるようになった。

料理のレパートリーが増えた。

ナッツ類、フラックスシードなど新しい食材が台所に仲間入りした。

スプラウトを育てる楽しさを知った。

玄米が食べられるようになった。(以前は胃もたれしていた。)

全粒粉パスタが好きになった。(IKEAのがお気に入り。)

ローフードを通して共通の趣味を持つ仲間が増えた。

ブログが使えるようになった。

呼吸法を習ったので、ゆったり行動出来るようになった。

姿勢が良くなった。

無理をしなくなった。(元来はなんでもやりすぎてしまう性分なのです。)






<まだまだ改善したいところ。>

外食などで卵や乳製品が使われているものを食べると喉の痛み、湿疹などの反応が出る。

肉類を食べると便秘になる。

家族の食事へのローフードの取り入れ方。

外食での対応の仕方。




ローフードに感謝!!





また思いついたら追加します。




今日もありがとうございます。






ローフード関連で初めて買った本。
石塚ともさん。




ローフードの基礎となっているナチュラルハイジーンの本。






↓応援よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

ご覧いただき、ありがとうございました!!


2010年12月 7日 (火)

ローフードを続けて、人が変わったように小食になりました。ローフードでダイエット。

ダイエットを始める前まで、かなりの大食いだった私。

パスタを茹でるときは、一袋500gをいっぺんに茹でて、主人と半分こ。

カレーやラーメンは大盛りで。

そして、その後さらにチョコレートやシュークリーム、アイスクリームなど平らげていました。

ビールもワインもがぶがぶ飲んでいたし。

妊娠以前は太るのをある程度気にしていたので、

食べる量を自分なりにコントロールしていたのですが、、、。

(大学生くらいまでは痩せ形で42キロくらいしかありませんでした。)

去年あたり、どっかーん!と太りました。

そして、今年の1月。

親戚が集まる新年会で、私がトイレに行っている間に「志乃ちゃん、太ったね〜。」

という話題になったそうです。(主人談。超はずかしい〜!!)



妊娠中に思い切り食べる楽しみを知り、それから抜け出せなくなっていました。

産後のホルモンバランスの乱れ、

育児ストレス、

アレルギー除去食による食事制限のストレス、(これが一番大きかった!)

コーヒーの飲み過ぎ、

長期的な睡眠不足(とにかく息子は寝ない子だった!)などなど、

悪条件が重なって体調が乱れに乱れてしまっていたのでした。

「食べる」ことで楽になろうとして、それが裏目に出てさらに体力を消耗させていたのです。




何故、あんなにも食べる事ができたのだろう???

今思うと、腸壁が汚れていて、栄養分がきちんと吸収されていなかったのだと思います。

ローフードを始めてから、まだまだ最初のうちは沢山食べていましたが、

だんだんと食べる量が減ってきました。

特に、10日間のジュースフィースティングをした後くらいからです。

いろいろ溜まっていたものが流されて、

消化吸収がうまくできる燃費のいい身体になったのだと思います。

アルコールもすぐに吸収されちゃうから、

前みたいにがぶがぶ飲まなくなったのだろうと推測しています。

水分や食物繊維が豊富で便通が良くなるというところも、

ローフードのいいところのひとつでしょう。



ローフードを始める前は玄米を食べると胃がもたれていたので、玄米は体に合わないと思っていたのですが、最近ではよく食べています。

生野菜をしっかりと食べるようになりよく噛むクセがついたという事に加えて、

胃腸がじょうぶになったのだろうと思っています。




コーヒーやチョコレートなどカフェインを含むものを絶ったのも効果が大きかったと思います。

カフェインは自分の感覚を狂わせるので、何をどれくらい食べたいのかが解らなくなってしまうそうです。



あと一番良かったのは、もちろんアレルゲンの卵&乳製品の徹底的な除去。

これは息子のアレルギーで除去食を始めたのですが、

気がつくと私の喘息や喉の痛みなどまでが無くなっていたので、

自分も知らず知らずに常にアレルギー反応が出ていたことに気がついたというわけです。



今までは時々出ていたぜんそくの発作もまったく出なくなりました。

数ヶ月前まで、時々ぜーぜーと不穏な呼吸音が聞こえてくる事があったのですが、

それも治まりました。

でも、まだ卵や乳製品を食べた後には湿疹が出ます。

食べてもそれが出ないようになるといいなと思っています。



厳密にローフードだけを食べる場合は、動物性タンパク質、小麦、米、大豆、乳製品、など主要なアレルギー物質を摂らないので、この恩恵でローフードで体調が良くなったと感じる方が多いのではないかと思います。
(だから自分自身の食性がわかるまでは、なるべく高いローフード率をすすめるローフーディストが多いのかな?と思っています。私も、100%ローフードにしてみて、徐々に玄米や大豆製品などを取り入れて行きました。そうしながら何が気持ちよく食べられて、何が良くないかがだんだん解ってきました。結論としては、肉を食べると便秘になる。といっても1日〜2日出ないという程度。/卵・乳製品を食べると喉が痛くなって湿疹が出る。ひどいときには喘息が出る。/カフェインをとると胃が痛くなる。眠れなくなる。自分は何が食べたいのか解らなくなり暴食ぎみになる。さらにカフェインが欲しくなる。/こんな感じです。)

また、ナチュラルハイジーンを元にした胃腸に負担をかけない食べ方を学ぶ事で、胃腸の傷などが癒されて体調不良の主な原因となっている「リーキーガッツ症候群(leaky guts syndrome)」が治るのではないかと推測しています。

これぞ、まさに「腸活」ですね。



余談ですが私の密やかな夢は、

ローフードを食べながら、

だんだんと小食になって、

しまいにはほとんど食べなくっても大丈夫な身体になって、

森美智代さんのように青汁だけで生活出来るようになる事なのです。

その先はブレサリアンですが、そこまではなかなかどうして、

長い長い道のりでしょう。(生きているうちにたどりつけるものなのか?)

変な野望を抱いているのですが、

グルメローフードの美味しさにハマってしまうと、

その道のりはさらに長くなるのだな、、、とここでもまた葛藤です。




まあ、青汁だけで生きられる体は夢のまた夢としても、

何を食べてもばりばりと消化吸収出来て、喘息や湿疹がでない体を目指してのんびり行きます。

とにかく、2011年の新年会では「志乃ちゃん痩せたね〜!」と言われる事必須です!

「志乃ちゃん太ったね〜!」から実にマイナス15キロだぞ〜!!

今から楽しみです♪








森美智代さんの本。
もともとは甲田療法の患者さんで、青汁だけで過ごす女性。
さらっと読める本ですが、この様な方が存在するという事に
雷にうたれたような感動というか驚きというか、心の動きを感じました。



関連記事:ローフードの位置づけは?
ダイエット中の停滞期はこうやって乗り切りました。
ローフードが広がっていくしあわせ♪
☆クレンズダイエット☆ジュースクレンズ




今日もありがとうございます。



↓応援よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

ご覧いただき、ありがとうございました!!


2010年11月24日 (水)

最近、朝何も食べたくない。+ ローフードで「ダイエット」はもうおしまい。

年末が近づき、集まりなどに参加する事が増えてきました。

夜パーティーやお呼ばれだと遅くまでいろいろたべるので、お腹がふくれます。

そして、翌朝はあまり食べる気がしません。

そんな時は、正午もしくはそれ以後午後2時とか3時とかまで何も食べないようにしています。

ローフードや、ナチュラルハイジーンと言ったキーワードで検索すると、

「朝はフルーツ」「フルモニ(フルーツモーニング)」といったことがよく言われています。

果たして、朝は新鮮な果物を『必ず』食べなくては行けないのか?というと、

実はそうではありません。

フィット・フォー・ライフを隅々まで読破されている方はすでにお気づきかと思いますが、

「この時間(午前4時から正午まで)にものを食べる事自体が邪道」というような事が書かれています。

実際のところフィット・フォー・ライフでも、「甲田療法」同じく「朝食抜き」のほうが良いと言っているのですね。

でも、それじゃあお腹がすいて困る人もいるだろうから、果物くらいは食べてもいいよ、とされている節があります。

果物に含まれる、果糖は低分子だから身体に負担をかける事無く(つまり酵素を極力使わないで)消化&吸収できるから「果物を」と言っているのですよね。

この一ヶ月間くらい、半日断食よろしく、正午までは何も食べない日が続いています。

これがすんなりと出来るようになったのは、

2月からローフードを取り入れ始めて、軽い朝食→スムージーもしくは果物の絞り立てジュースだけ→果物だけと身体をならして来たおかげだと思っています。

しかし、自分は朝食を食べなくても、家族の分は作らなくてはいけないのでした。。。

ま、いっか!(最近早業&手間なし料理を開発中♪)



昨日新しいジーンズを買いに行ったら、なんと4サイズ小さいのを勧められました♪

ローフードは相変わらず続けますが、ダイエット(減量)を意識するのはもうおしまいです。


ローフードに感謝。




今日も良い一日を!



↓応援よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

ご覧いただき、ありがとうございました!!


2010年11月14日 (日)

ローフードでダイエット。痩せる為には食べる順番を変えてみる。全部ローフードとまでは出来なくても。


フィットフォーライフの中のダイエットにまつわる見出しはこんな感じです。
「誰もがスリムで健康な体を手に入れられる」
「しっかり食べて、永久にスリムでいられる方法」
「人はなぜ太るのか」
「老廃物を捨ててスリムになろう」
「『主食はサラダ』がエネルギー増、体重減を導く」
もちろん、ダイエット(減量目的)以外の食事について、
もっともっと沢山の情報が詰まっています。


昨日、久しぶりに会ったママ友に食べる順番についての話をしました。

かなり会っていなかったので、「痩せたね〜!」と言われて有頂天に☆



そういえば、食べる順番についてはあまり詳しく書いた事がなかったので、書いてみます。

参考にしていただけるとうれしいです。

『フィットフォーライフ』には、さまざまな食べものをどの時間帯に食べたら良いかを示してあります。

例えばこんな感じ。




<朝>
新鮮な果物と果物のジュース

<午前中>
新鮮な野菜ジュースとサラダ

<午後>
蒸した野菜、生のナッツ類と種子類

<夕方>
穀類・パン、芋類。豆類

<夜>
肉類、魚介類、乳製品



こうして見ると水分の多い物から始まって、

ギュッと凝縮されたような感じの食べもので終わって行く、

という感覚が掴めますよね。




ここは一番大切なところなのですが、

午後以降は果物や野菜を食べてはだめという意味ではなくで、


野菜サラダ+蒸した野菜

野菜サラダ+生のナッツ類

野菜サラダ+種子類

野菜サラダ+穀類

野菜サラダ+パン

野菜サラダ+芋類

野菜サラダ+豆類

野菜サラダ+肉類

野菜サラダ+魚介類

野菜サラダ+乳製品

というふうに、いつもたっぷりの生野菜サラダを食べましょうという意味です。



果物は基本的には単独で食べます。

でも、ここでも

緑の葉野菜のサラダ+果物

はOKです。






ちなみに、こんなことも書かれています。

「朝食は無理に取らなくてもいい」

「起きて最初に食べるもの、それは果物!」

「毎日正午までは、新鮮な果物の搾り立てフレッシュジュースや、新鮮な果物を欲しいだけ取ります。」

「満足するまで欲しいだけの果物を自由に食べてください。」



また、『一日の最初の食事のガイドライン』としては、以下のようにおすすめされています。

1、一日の食事をはじめは新鮮な果物か果物のジュースでスタートさせる。ジュースの量は大きめのコップに1〜2杯。

2、午前中、空腹を感じたときは、果物を食べる。

3、午前中に取る果物の量の上限は、体が必要とする量によって決定する(個人差あり)。食べたいだけ食べて良い(ただし、2皿以上)。食べ過ぎたり、食べ足りないことのないように。

4、スイカやメロンはほかの果物より先に食べる。

5、特にお腹がすいているときや、やや重量感のあるもが欲しいときにはバナナを食べる。



私はローフードとこの本を元にした食事をしています。

ちゃんとやるなら、朝食はフルーツだけが一番おすすめですが、

家族と同じ食事をとらなければ行けない場合もあるとおもうので、

そんなときには食べる順番だけでも気をつけてみると良いと思います。

一日を全体としてみたときの食べる順番と、

それぞれの食事を全体としてみたときの食べる順番は似ています。



いきなり果物だけの朝食に切り替えても続かないこともありますよね。

無理をしないで続けられるようなスタイルが一番!

例えば、トースト、果物とヨーグルト、野菜サラダ、コーヒー、目玉焼き、

といった感じの普通の朝食をとりたい場合は、食べる順番をこんな感じにしてみてはいかがでしょうか。

搾り立ての果物のジュース

果物

野菜サラダ

トースト

目玉焼き

慣れて来たら、果物や野菜サラダの量を少しずつ増やして行き、

トーストや目玉焼きはもう要らない!となったらしめたものです♪



こっからは、私のおせっかいコメントですが、

コーヒーはカフェインが入っているので、なるべく避けて、

そのかわりに絞り立ての果物ジュースに。

(カフェインが本当の感覚を狂わせてしまい、自分が何をどれくらい食べたいのかが解らなくなってしまうからです。)

ヨーグルトは、体にいいと信じられていますが、

乳製品をベースとしたヨーグルトを日常的に食べている人の腸を見てみると、

実は逆に悪玉菌が多いと言う研究結果があるそうです。

うちは、息子がアレルギーという事もありヨーグルトも含め乳製品は3年以上食べていません。



これらは、「フィット・フォー・ライフ」から得た知識なのでもっと詳しく知りたい方は、

この本を読むのが一番良いです。とっても詳しく書かれているのですべてがクリアになりますよ。




フィットフォーライフの中のダイエットにまつわる見出しはこんな感じです。
「誰もがスリムで健康な体を手に入れられる」
「しっかり食べて、永久にスリムでいられる方法」
「人はなぜ太るのか」
「老廃物を捨ててスリムになろう」
「『主食はサラダ』がエネルギー増、体重減を導く」
もちろん、ダイエット(減量目的)以外の食事について、
もっともっと沢山の情報が詰まっています。



今日もありがとうございます。



↓応援よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

ご覧いただき、ありがとうございました!!


2010年10月21日 (木)

骨がスッカスカどころかミッチミチでした。

先日書いた記事(「東京ベジフェスに行ってきました♪」)でうれしい事がありました!と書きましたが、

それはコレです。


骨密度。

代々木公園内のベジフェスとは別の敷地でNPOのイベントが行われていたのですが、

そこで骨密度を計ってくれるサービスがありました。

裸足になって、かかとを機械につけて計ります。

結果はと言うと、、、

なんと、20代の平均値を100%とすると、私のかかとの骨の骨密度は、

125%!!

なのだそうです!

係の方に「びっくりするほど、良好ですよ!!何か特別な事をなさっているのですか?」

と太鼓判を頂きました。

正直、飛び上がる程うれしかったです。



2年近く母乳育児だったし、

産後、ホルモンのバランスがなかなか戻らず、

お医者さんにも将来的に骨粗鬆症に気をつける様に指摘されてもいて、

その上、子供のアレルギーを治す為の卵と乳製品の除去を3年以上続けていたり、と、

そんな理由から、「もしかしたら、骨がスッカスカになっているのでは?」といつも心配していました。

そうしたら、この結果です!!


「骨を丈夫にするには、何は無くても牛乳!!」というのが迷信(?!)だということを確信しました。

ナチュラルハイジーンを知っている人にとっては、

牛乳を飲むとかえって骨をモロくするということは周知の事実ですが、

知識としては解っていても、やっぱり心のどこかに不安があったのです。

これだけ、皆が健康に良いとして飲んだり食べたりしている乳製品を、

まったく食べないのは本当にいいのだろうか?と。

子供の成長にも影響があるのではないか?と。

それが払拭されて、ほーっとしました。



BBCのこんな記事も見つけました。(http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/4389837.stm

2005年のものなのでちょっと古いですが、

見出しはこれです。

"Raw food eaters thin but healthy
Fresh vegetables are a good source of vitamins
People who follow a raw food vegetarian diet are light in weight but healthy, according to US researchers."

「ローフードを食べている人は、痩せっぽちだけれど、健康。

新鮮な野菜はビタミンの格好の資源です。ローフードベジタリアンダイエットを実践している人々は、体重が軽いですが、健康です。とアメリカの研究者が発表しています。」

ローフーディストは「骨密度が高く、健康」

なのだそうです。

リサーチの対象が、たったの18人というのがちょっと頼りない感じですが。

(付け加えておきますが、こちらはローフードを手放しで推奨しているという記事ではなくって、

「野菜や果物を沢山取る事は良いけれど、きちんとした研究や専門家のアドバイスなくしてローフードだけでバランスのとれた食事をするのは難しいから、他の食べものもバランスよく取る方がいいよね。」

という予防線を張った立場で書かれいています。)






それにしても、30代後半にして20代の骨密度よりも更に高い骨密度を維持出来ているという事は、

少なくとも「牛乳飲まなくちゃ骨が丈夫にならないよ」というアドバイスには、

「骨、ミッチミチですけど、何か?」と返せそうです。





今日もありがとうございます。



↓応援よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

ご覧いただき、ありがとうございました!!


  

2010年10月19日 (火)

ジーンズがぶかぶかになりました。

またローフードに感謝です。

妊娠前に履いていた細身のジーンズ。

妊娠中はもちろんの事、

数ヶ月前まで履けませんでした。

でも、これがまた履ける様になったんですね〜!!

そして今日も履いてみたら、さらに! 

腰、お尻、太もも、全体的にぶかぶか余裕が出来ていました。

スリムタイプを買っていたので、つまり、その頃よりも引き締まったということ?!

ローフードを始めて約8ヶ月が経ちました。

体重はここ3ヶ月程あんまり変わりませんが、体型が変わってきたようです。



このジーンズは、私がダイエット中に、どれくらいダイエット出来ているか計る為に、

ときどき履いてみては、「はぁ〜、、、。」とため息、、だったり、「お!少し行けそう?!」

などと一喜一憂していた代物です。



体重や体脂肪でダイエットの成果を計るもの良いですが、

実際のところ、自分が欲している見た目、こうなりたい、コレを着られるようになりたい、

といった具体的かつ視覚的な目標を持つ事もがんばる目安になると思います。



痩せたぜ、いぇい!と自慢したいわけではなく、

ローフードを地道に実践した結果、驚くほど短期間で体型が変わりましたよ〜!ということを伝えたいのでした。



もしも体重が毎日毎日変わらなくって、不安になっても、

体型はしまってきているという事もあります。

そういったことを計る目安にもなるので、

お気に入りだったけど今は着れなくなってしまっている服に袖を(足を)通してみるもの良いかもしれません。



今日もありがとうございます。

関連記事:
杉田かおるさんとエルセーヌ。ダイエットとローフードについて。
ダイエット中の停滞期はこうやって乗り切りました。
停滞期を脱出しよう!補足。
ローフードダイエット中のコツあれこれ。
本のご紹介。「女の子の28日」知っておくとダイエットが楽になるホルモンの事。(女性限定)
ダイエット中は1日100g減れば1ヶ月で約3kg減る!と考える。
ダイエット中の食事記録。時系列。
寝ないと太るって本当?


追記:
私はダイエット目的でローフードを始めました。その時に学んだ事(今も勉強中ですが、)をまとめているのがこのブログです。
過去の記事の目次を作っているので、「ローフードを始めてみようかな。。。」という方に活用して頂ければうれしいです。
1人でも多くの方が、この素敵な食べ方に共感してくださる事を願っています。
↓↓↓
このブログの目次です。






↓応援よろしくお願いします。↓


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村


ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

ご覧いただき、ありがとうございました!!


  
フォト

FACEBOOK

  • 「いいね!」をお願いします♡

    齋藤志乃

    Facebookページも宣伝

    ツイッター↓

アイハーブで買ったもののまとめ

  • クーポンコードはKAW730です。
    http://healthylivinghappylife.jimdo.com
    Image

アイハーブ iherb

  • ローフードの食材やオーガニックの食材が安く買えるサイトです。

【出版物】

おすすめのキッチン道具

  • ブレンダー/ミキサー



    ジューサー



    フードプロセッサー



    ディハイドレーター(食品乾燥器)



    ヨーグルトメーカー



    菜麺器



    ナッツミルクバッッグ



    小さめのブレンダー(旅行用)



    オーブントースター(パンの発酵機能付き)



    いきいきペール(発酵促進バケツ)味噌作りに!!



    発芽玄米(&酵素玄米)が炊ける炊飯器



楽天市場

  • ☆お買い物情報☆

おねがい。

  • 文章・画像転用禁止について(著作権について)
    1. 当ブログが提供する文章、画像、音声、映像、プログラムなどの著作権は、特段の定めがない限り、原著作者その他の権利者に帰属しており、各国の著作権法、各種条約およびその他の法律で保護されています。
    2. 原著作者の許諾なく複製、公衆送信、改変、切除、ウェブサイトへの転載等する行為は著作権法により禁止されています。
    3. 非営利的かつ個人的な目的以外でこれらを使用・複製・ダウンロードするためには、事前に原著作者から書面による許諾を受ける必要があります。ただし、非営利的かつ個人的な目的に限り、当ブログの著作権表示を付記することを条件にこれらを使用・複製・ダウンロードすることが出来ます。

免責事項

  • ローフードダイエット(食事法)を始められるにあたって。
    本ブログに書かれている事を実行して起こった結果、特に不快な好転反応が起きた場合など、著者は責任を取る事が出来ません。本ブログは医学的アドバイスを目的としたものではありません。本ブログに書かれた食事レシピ及びプログラムは、ご自身に合っていると思われる事を、ご自身の判断で採用してください。
    当ブログ管理者の免責は上記に準じます。ご自身のローフード生活の方法を発見してくださる事を願っております。(ブログ著者)
無料ブログはココログ