« ホームパーティーで好評だった「ローツナ&チーズパテ」  | トップページ | ローフードをやっていても便秘が解消しない人 »

2011年5月 7日 (土)

ごぼう茶の作り方。南雲医師が紹介する若返りの秘策。

※これは、2月頃に書いた記事なのですが、地震のばたばたでアップし忘れていた物です。 今日記事一覧を整理中に見つけたので、アップさせてもらいました。なんだか、3月11日以前の自分の能天気さがうらやましいです。。。
さて、前に、前に、進もう!!なんだか明るいニュースが増えてきました☆








数ヶ月前にテレビでアンチエイジングのお茶として「ごぼう茶」なるものを紹介していた医師がいらっしゃって、とても気になっていました。

ついに、作ってみましたよ☆

噂のゴボウ茶(ローヴァージョン)♪



Burdockroottea2
本家の作り方とは違うところは、ローにしたかったので焙煎しなかったところと、粉にしてみたところ。(本家の作り方は下に記しています。↓)
ゴボウをよく洗い乾燥させてからミルで粉砕。
粉っぽさが気になる場合は茶こしで漉すとOK。


Burdockroottea1
そのままお湯をかけただけで飲めます。


ディハイドレーターバイタミックスのドライコンテイナーを使って作ってみたら、あっという間に出来ました。
(あ、でも乾燥時間は一日かかります。)


<本家ゴボウ茶の作り方>
<作り方>
1、ごぼうは皮は剥かず、たわしでよく水洗いする
2、皮剥き器を使い、薄く切る
3、水にはさらさず、天日で半日干す。時々、手もみをしながらまんべんなくカラカラになるまで。
4、フライパンで10分ほど煎る(茶に色を出すため)⇒茶葉のできあがり

<飲み方>
1、きゅうすに一つまみ入れ、お湯を注ぐ
2、2〜3分おく(香ばしい風味と茶の色が出る)
3、湯のみに注ぐ 

というのが本家の作り方です。




うちでは、ディハイドレーターを使って乾燥させてみました。

また、ローにしたかったからフライパンで煎る行程を省きました。

そして、カラカラになったゴボウをミルで粉砕し粉状にして瓶に詰めました。

飲む時はこれをそのままティーカップに入れてお湯を注いで飲んでいます。

茶殻が気になる場合は、市販のティーバックに詰めて煮だしてもいいと思います。

ゴボウを洗う際に皮を残すようにするのがポイント。皮にアンチエイジング成分が入っているらしい。


毎日ゴボウを食べるのは大変ですが、この方法なら少しずつ毎日摂れていいですね。

市販のゴボウ茶もあるみたい。楽天市場でも大人気のようです。





こちらは、南雲先生が監修した太鼓判つきのゴボウ茶だそう。




でも、自分で作った方が安上がり☆

最初は、ゴボウの香りが「???」っとくるけど、なれてくるとカフェイン無しだし美味しいです。

けっこうハマりそう。



それにしても、発案者の南雲医師は55歳には見えない若々しさです。

南雲医師(なぐちゃん)のブログ
http://ameblo.jp/naguchan-club/




南雲医師のゴボウ茶の本

6刷りの大ヒットだそうです。

なんだか、このなぐちゃんってお医者さん応援したくなるな〜。




今日もありがとうございます。



にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

ご覧いただき、ありがとうございました!!

« ホームパーティーで好評だった「ローツナ&チーズパテ」  | トップページ | ローフードをやっていても便秘が解消しない人 »

02:ローフードレシピ 」カテゴリの記事

04:卵と乳製品を使わないレシピ。」カテゴリの記事

フォト

SNS フォローをお待ちしています。

アイハーブ iherb

  • ローフードの食材やオーガニックの食材が安く買えるサイトです。

ブログ内検索

  • 知りたい単語を入力してね。



    WWW を検索

    このブログ内 を検索


    「このブログ内を検索」を選択したまま、 探したいキーワードを入力してください。 関連のある過去の記事が表示されます。
    このブログが、あたなたのローフード生活を楽しくするのに役立ちますように♪
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

【このブログの記事】

  • 2015年
無料ブログはココログ