« 超節約したい人のリジュベラック。作り方。 | トップページ | 常に不調を抱えて生きるつらさ。アトピー、アレルギーとぜんそく、そしてローフード。 »

2010年9月17日 (金)

サラダバーが良かったお店。+加熱食後の身体の反応について。

Photo

昨日、オトナ4人とコドモ1人でランチにいきました。

サラダバーが充実しているお店を選んでくれたので、

山盛りサラダを思う存分食べる事が出来ました。

サルバトーレという「ピッツァ」屋さんです。池袋店。

他の店舗もこんな感じなのかな?


Photo_2

取り皿も大きくって盛りやすいです。

もちろん、お代わりしました。

そして、その後、久しぶりにピザも2切れ食べましたよー!!

生地がもちもちして味わいがありおいしかったです。

ピザがおいしそうすぎて思わず食べてしまうと言う危険性をのぞけば、

とっても良いです!!



グリーンが山盛りガラスの器にのっていて、

ピクルス、たまねぎのサラダ、トマト、わかめなどの海藻、など好みでトッピングします。

プチトマトのドレッシング、バルサミコ酢のドレッシング、イタリアンドレッシングと3種類。

頼めば、オリーブオイルとお塩を出してくれます。



そして、なんと1,000円で食べ放題なのです。(200円+で飲み物も飲み放題になります。)

サラダバー目当てで、シズラーにいくよりも随分と安くつきますね。

思う存分緑を食べました♪



ランチにここにいく予定がわかっていたので、

朝は、梨だけ。(またか!)

そして、夜は生春巻きを2つと軽めに抑えました。




そして、夜、やっぱりおしりや腕の内側などの皮膚がかゆくなり、じんましんが出ました。

今回はぜんそくも出ました。

翌朝は喉の痛みと鼻水。とにかく痰と鼻水がすごいです。(汚くってすみません。)

ピザのチーズが原因だと思います。

乳製品はやっぱり身体に合わないのですね。



卵と乳製品の除去食やローフードを始める前までは、

このような症状がしょっちゅう出ていました。

風邪を引きやすい体質なのかと思っていました。

でも熱はないし。。。という感じです。

アレルギー体質なのはわかっていましたが、

原因が分からず、ダニかも?とかハウスダストかも?とか農薬かも?とか見えない敵を怖がっていました。

今は、卵と乳製品さえ食べなければ、かゆみやぜんそくその他が起こらない事を発見出来たので、

しあわせです。

ローフードに感謝です。



息子にもこの体質を遺伝させてしまって悪かったな、、、と思いますが、

6年生になる事までには腸が丈夫になって80%の人が症状が軽くなるそうなので、

その日を待っています。



ローフードを日常的にたべるようになって、「生」はOKで、「加熱」はダメ、といったような分け方ではなく、自分の身体に合わないもの(私の場合は卵乳製品カフェイン。)を含まない食べものをなるべく食べる、というのが軸になってきました。

芋類や穀類などの加熱した物を食べてもさっき書いたような不快な症状はでないからです。

続けてたべるとお腹が重くはなりますが。



yaccicoさんのブログで、「身体がキツイな、と感じる食べ物、食べ方を控えるだけのこと。」という記事を拝見しましたが、
深く共感しながら読ませて頂きました。




ようやく、自分の身体にあった食べ方を発見する事が出来て、

感謝しています。




今日もありがとうございます。





↓応援よろしくお願いします。↓


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村


ローフードブログのランキングページに飛びます。

「志乃のローフードキッチン♪」を

ご覧いただき、ありがとうございました!!




  

« 超節約したい人のリジュベラック。作り方。 | トップページ | 常に不調を抱えて生きるつらさ。アトピー、アレルギーとぜんそく、そしてローフード。 »

08:いろいろ」カテゴリの記事

フォト

SNS フォローをお待ちしています。

アイハーブ iherb

  • ローフードの食材やオーガニックの食材が安く買えるサイトです。

ブログ内検索

  • 知りたい単語を入力してね。



    WWW を検索

    このブログ内 を検索


    「このブログ内を検索」を選択したまま、 探したいキーワードを入力してください。 関連のある過去の記事が表示されます。
    このブログが、あたなたのローフード生活を楽しくするのに役立ちますように♪
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【このブログの記事】

  • 2015年
無料ブログはココログ